Student life at Royal Roads University in Canada

カナダのビクトリアでの知的好奇心をくすぐる3つのスポット     


カナダのビクトリアでの知的好奇心をくすぐる3つのスポット     

Posted 10 January 2017

歴史上、このビクトリアという街はその近隣区域だけでなくブリティッシュ・コロンビア(以下BC)州、ひいては西カナダ全体においても重要な地域でした。これから快適で親しみやすいこの街の3つの知的好奇心をくすぐるスポットを紹介します。

1.ロイヤル・BC博物館 

ビクトリアにあるロイヤル・BC博物館は世界的に有名な博物館の一つで、展示物は古代から現代のものまで様々です。博物館には大きく分けて3つのギャラリーがあり、それぞれ自然史、近代史、カナダの先住民族について展示しています。それぞれのギャラリーはBC州エリアと関連したものになっていますが、また違ったその歴史の一面を知ることができます。

近代史ギャラリーは1800年代と1900年代初期のビクトリアの姿を再現しているディスプレイ――200年ほど前の生活に入り込めて学べるような面白い方法――が見所です。先住民族のギャラリーではBC州の先住民族の興味深い生活を垣間見ることができます。ハイダ族の人々、トーテムポールやクワクワカワク族の酋長であったクワクワララサミの長家などのディスプレイはとても印象に残るものたちです。

この博物館には期間限定のギャラリーもあり、過去にはタイタニック号やレオナルド・ダ・ヴィンチ、チンギス・ハンに関する展示もされていました。

2. BC 州議事堂

この小さな街に8万人もの人々が暮らしているが故に、ビクトリアは政治的にも重きを置かれています。BC州議会はこの街をホームにしており、雄大かつ壮大なこの議事堂はビクトリアのダウンタウンの方に位置し、ロイヤル・BC博物館から徒歩圏内のところにあります。

この建物は1897年に建設され、とても印象に残るような外観を持ち当時の予算のおよそ2倍もの建築費が掛かったのも頷けるでしょう。内部も同様に豪華絢爛で100年以上経った現在でも議会として使い続けられています。無料のツアーは1年を通して行われており、ガイド(英語またはフランス語)、またはガイドなし(13ヶ国語対応)両方があります。このツアーは議事堂のインテリアなどを見るだけでなく、タイミングが合えば議会中の様子なども見学することもできます!

3. フォートロッドヒルとフィスガード灯台国定史跡

西カナダの最も古い灯台の1つがあるフォートロッドヒル(実はその中では比較的新しい方ですが、その代わりにとても美しい)では、1895年から1956年までビクトリアを守るために使われていた建物が整然と並んでいます。当時からそのまま残されている兵器や海事関連の道具を見れば、その時にタイムスリップしたような感覚になるでしょう。また、音声ガイドをオンラインで入手することができるので、より深くフォートロッドヒルについて知ることができるでしょう! 

ひと通り見た後には、この場所でカナダのビクトリアに来て感じたことに思いを馳せ、リラックスするのもいいかも知れません。

Share: